海外fx業者の違いを比べます

FXは日本国内のみで提供されているものではありません。もちろん海外でも、fxサービスを提供している業者がたくさんあります。いわゆる海外FXという表現が用いられる事が多いのですが。

海外fxはもちろん日本にいながら楽しむ事ができます。このサイトでは海外fx業者の違いを比べていくわけですが、そもそも国内のfx業者と海外のfxは何が違うのでしょか?

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_s

預けるだけで金利が生じる海外のFX

ご存知の通り日本国内の銀行は、海外の銀行に比べ金利が低くなっています。特に普通預金などは、その傾向が顕著ですよね。1年間預けても、素の金利はせいぜい数円です。定期預金などは若干高めになりますが、それでもやはり低い水準と言えるでしょう。

ところが海外の銀行は場合は、金利が少々高めになっている訳です。ですので海外の会社の口座に、お金を預ける選択肢があるのですね。

「実際は金利なんて日本とそれほど変わらないのでは?」と思っている方。

日本のFXの会社で外貨の買い注文をすれば、スワップという金利が発生しますね。
ここで申し上げている金利というのは、そのスワップとは少々異なります。海外の会社の場合は、預けているだけで金利が生じるのです。しかも日本のfx会社に比べれば、かなり高めな水準です。少なくとも日本国内の定期預金の金利に比べれば、かなり高めになっています。

ちなみに日本のFXの業者の場合は、預けているだけでは金利は生じません。あくまでも売買を行う必要があります。売買を行ってロスカットが発生しなければ、初めて金利が発生するという仕組みになっています。

ところが海外の業者の場合は、何も売買を行う必要はありません。単純にお金を預けているだけで、増える訳です。それは日本の会社とは大きく異なりますね。

他にも国内fx業者と海外fx業者ではメリット、デメリットに色々な違いがあります。国内fx業者と海外fx業者の違いについても今後説明していきますが、本題は各海外fx業者はどんな違いがあるのかです。

e6b549e833fc5883e31bc60a6a51bc52_s

fx経験者ならご存じだと思いますが、どの業者を使って始めるかは大切なポイント。業者によってスプレットやスワップ金利、通貨ペアやレバレッジ、他にも使い勝手の良さや機能など本当に多くの違いがあります。

実際に使っていく上で何が違うのか、使用実績やその他の情報も織り交ぜながら説明していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>